本文へ移動

先輩からのメッセージ

 ライフアドバイザーとしてお客さまに最適な金融商品をご提案しています。自分がご提案したプランが契約に結びつき、お客さまに感謝された時にやりがいを感じています。
 金融商品は種類も多く、最初はわからないことだらけでしたが、自分のなかで目標を決め、それをクリアしていくことでどんどん仕事の幅も広がり仕事が楽しくなってきました。
 組合員の方々や職員もとても優しくて職場の雰囲気がいいのでとても働きやすいです。もっと経験を積んで今以上にお客さまから必要とされ、頼られる職員をめざしたいと思っています。
 JAに就職した当初は産直市の担当でしたが、途中で人事異動により今の渉外担当になりました。
 お客さまのご自宅を訪問し金融商品をご提案していくなかで、産直市の担当として多くの組合員の方々に接してきた経験が活かされています。JAは総合事業をしているので定期的な人事異動で所属部署が変わることもありますが、すべてが組合員の方々のメリットを考える上で繋がっているんだと実感しています。
 渉外担当として、多くの皆さまにご満足いただけるよう努力するとともに、優秀な成績を残せるよう頑張ることが今の自分のモチベーションです。
 元々農業に興味があり、農家の方々と身近に接する仕事がしたかったのでJAに就職しました。
 特にいま自分が携わっている販売事業は農産物の荷受けなど組合員の方と直接かかわることがとても多い職場で、仕事内容によっては体力もいりますが、組合員の方に自分の名前を憶えて貰えた時はとても嬉しいです。
 農業に必要な知識はたくさんありますが、これからも品目ごとの栽培方法や肥料・農薬の知識などたくさんの知識を吸収していき、組合員の方が作った農産物が少しでも高く売れるよう頑張りたいです。
 自分が担当している購買事業ではたくさんある肥料や農薬の中からそれぞれの農作物や時期にあった商品をご提供することが主な仕事です。商品を間違うと病害虫を駆除できなかったり農作物が枯れてしまうだけでなく、場合によっては残留農薬など大変な問題にもなりかねません。商品の中には取り扱いに注意が必要な毒劇物などもあり責任重大です。
 購買事業で扱う商品は非常に多く覚えるのは大変ですがこれからも組合員の方々の農業を資材の面からしっかりサポートできるよう日々勉強に努め、より良い商品をご提供していきたいと思います。
 営農指導員の仕事は実際に圃場を巡回し、組合員の方々の農作業のお手伝いをしたり、各品目ごと、季節ごと、病害虫ごとに適切な農薬や肥料を指導することが中心ですが、それには知識と経験が必要不可欠です。
 JA東とくしま管内は中山間地域から平坦地域まで幅広くあり、品目も野菜から果樹までとても豊富です。学生の頃以上に覚えることも多く大変な時もありますが、組合員の方々から頼りにされる営農指導員をめざして日々奮闘中です。
 地域に根差したJAで、農業から地域を明るく元気にし、組合員の方々や地域の皆さまを笑顔にしていきたいと思います。
 自分が担当する産直市は豊かな自然に恵まれた勝浦町にあり、ゆったりとした温かい雰囲気が特徴です。仕事内容はレジや品出し、値付けなどで、様々な業務を経験することができています。生産者の方や消費者の方の笑顔を見ることができる地元に密着した産直市での仕事にいつも魅力を感じています。
 慣れないことも多く、大変だと感じることもありますが、生産者の方との何気ない会話やお客さまからの「ありがとう」の言葉、そして優しい先輩スタッフに囲まれて充実した日々を送っています。これからも一人ひとりの心に寄り添えるようなアットホームで居心地の良い産直市にしていきたいです。
 JAにはたくさんの業務がありますが、私が担当している信用事業は基本的には金融機関と同じような業務を行っています。お客さまの大切なお金をお預かりしたり貯蓄性の高い商品をお勧めすることで、ご利用いただいている方々の生活を金融面からサポートする仕事にやりがいと責任を感じています。
 JAでは農業をされている組合員の方だけではなく、地域で生活されている多くの方々もご利用されていますので、地域密着型の金融機関としていつも皆さまにご満足いただけるよう、常に親切丁寧な対応を心掛けています。
 私はまず共済事業の窓口担当を経験した後、人事異動により現在は信用事業の窓口を担当しています。共済と金融では扱っている商品が違うため異動したすぐは戸惑いましたが、日々新しいことを覚えながら業務に取り組んでいるなかで窓口に来たお客さまに信頼していただき貯金をしていただけた時は本当に嬉しかったです。
 共済担当として得た経験は金融の窓口業務でも大いに役立っており、どこの部署に異動してもJAとしての基本は同じだということを実感しています。
 これからもお客さまのことを第一に考え、今日もご利用いただくお客さまにご満足いただけるよう、笑顔を忘れず頑張ります。
 共済の窓口でお客さまに共済の内容を説明したり契約を勧めるのが私の仕事です。
 自分の説明でお客さまに商品の良さをお伝えすることができた時はとても嬉しくて、もっとわかりやすく説明できるようになりたいといつも思います。
 新卒で就職し、学生と社会人の違いに最初戸惑うこともありましたが、困った時やわからないことがあった時にも先輩や上司が優しくサポートしてくれたのでとても働きやすく、いい社会人のスタートを切ることができました。今はできるだけ長く続けていきたいと思っています。
 産直市のレストランを担当していて、主に調理とメニュー開発などを行っています。学生時代は日本料理を専攻していたので勉強してきたことを活かせれるように日々奮闘しています。
 産直市には毎日たくさんのお客さまが来店され、「美味しかった」と喜んでくださったり、声をかけてくださることがとても嬉しくて自信につながっています。あいさいキッチンの料理を食べてもらって、好きになってもらえるように旬の野菜や地産地消にこだわった料理を提供できるように頑張ります。
 主にバックヤードで野菜や果物の値付けをしたり品出しをしています。自分が働いている産直市は大きな店舗なので毎日生産者や消費者、店舗スタッフなど多くの人たちが行き交いとても活気があります。みんないい人たちばかりでとても働きやすい職場です。
 店内が地元の農産物でいっぱいになるようこれからももっともっと努力して組合員の方々や地域の皆さまだけでなく産直市を通じて地域全体を元気にし、自分が働いている産直市を自分の力で日本一の産直市にしたいです。
 自分たちのJAの活動をより多くの方々に知っていただくため、新しい情報を様々なメディアを使って発信しています。各種イベントや組合員の皆さまを取材させていただき、2か月に1回発行しているJAの広報誌や日本農業新聞の他、ホームページや関係誌、広告などの原稿を書いています。取材に足を運ぶことでいろいろな方や新しい発見に出会えることは楽しいですし、自分が情報を発信することで多くの方にJAの活動を知ってもらえることが本当に嬉しいです。
 これからも早く正しく、そしてわかりやすくお伝えすることを一番に、広報活動を続けていきたいと思います。
TOPへ戻る