本文へ移動

事業紹介

営農指導事業

 営農指導事業は、JA東とくしまの根幹となる事業です。
農産物の生産から流通までを総合的かつ専門的に指導、援助し、組合員のみなさまの健全な農家経営を支援しています。
認定農業者や新規就農者の育成支援など地域農業の活性化を目的とした取り組みを行っています。高齢化の進む中山間地を中心にアグリサポート(人材派遣)事業や人農地プランと連動した農地利用集積の支援、リースハウスを活用した農業経営の中核者育成、多品目周年供給型農業の経営モデルの育成や栄養価の高い付加価値のついた野菜栽培の推進など、販売事業や産直事業と連動した取り組みを積極的に行っています。

信用事業

 信用事業は、貯金、融資、為替などいわゆる銀行業務といわれる内容の業務を行っています。この信用事業(JAバンク)は、JA・信連・農林中金が組合員や利用者のみなさまに「便利・安心」をご提供するために実質的にひとつの金融機関として、一体的な事業運営を行っています。

貯金業務

組合員はもちろん地域住民のみなさまや事業主のみなさまからの貯金をお預かりしています。普通貯金、当座貯金、定期貯金、定期積金、総合口座などの各種貯金を目的・期間・金額にあわせてご利用いただいております。
また公共料金、都道府県税、市町村税、各種料金のお支払い、年金のお受け取り、給与振込などもご利用いただけます。
商品・サービスの詳しい内容は、JAバンクのホームページをご覧ください。
 

融資業務

組合員や地域住民のみなさまの暮らしや、農業者・事業者のみなさまの事業に必要な資金をご融資しています。また地方公共団体、農業関連産業などへもご融資し、地域経済の質的向上・発展に貢献しています。

為替業務

全国のJA・信連・農林中金の約8,300におよぶ店舗をはじめ、全国の銀行や信用金庫などの各店舗と為替網で結び、当JAの窓口を通して全国のどこの金融機関へでも送金やや手形・小切手等の取り立てが安心・確実・迅速にできる内国為替をお取り扱いしています。

国債窓口販売業務

国債は国が発行する最も安全性の高い債券で、償還日まで保有すれば元本と利息が保証されます。現在、当JAでは「個人向け国債」をお通り扱いしています。本商品の取り扱いにより今後とも組合員のみなさまの資産形成、資産運用ニーズにお応えしていきます。

サービス・その他

当JAではコンピューター・オンラインシステムを利用して、年金等の各種自動受け取り・自動支払いや事業主のみなさまのための給与振込サービス、自動集金サービス、口座振替サービスなどをお取り扱いしています。
また全国のJAでの貯金の出し入れや、銀行、郵便局、信用金庫、コンビニエンスストアなどでも現金引き出しのできるキャッシュサービス、パソコン・携帯電話による残高照会・振込などができるJAネットバンクなどいろいろなサービスに努めています。

共済事業

 共済事業(JA共済)は、相互扶助の理念に基づいたJAが行う保険制度で、地域密着型の総合事業の一環として、組合員や利用者のみなさまに「ひと・いえ・くるまの総合保障」を提供しています。また豊かで安心して暮らせる地域社会づくりをめざした取り組みとして、地域貢献活動も行っています。
仕組み・サービスの詳しい内容は、JA共済のホームページをご覧ください。
 

販売事業

 販売事業は、営農指導と密接な関係にある事業で、青果事業、農産事業、畜産事業に分類することができます。
青果事業では、組合員が「安全・新鮮・高品質」を心掛け精算した青果物(野菜・果実・花卉など)を取り扱いしており、消費者に安心・信頼していただけるよう「定時・定量・定質」を合言葉として、共販体制の向上にも取り組んでいます。
農産事業は、組合員のみなさまが丹精込めて作られた米麦等の集荷・販売を行っています。米麦の生産は国や県などの農政とも密接な関係にあり、平成7年11月1日施行の新食糧法のもと、JAは第一種登録出荷取扱業者としての業務を担っています。
県内有数の稲作地帯であるJA東とくしまでは米に関する事業として平成21年に米粉への取り組みをスタートし、平成27年からはJA独自による米の全量買取販売にも取り組んでいます。その後も胚芽白米「あいさい黄金米(こがねまい)」や純米吟醸酒「あいさい黄金酒(こがねしゅ)」などJAのオリジナル商品を製造販売するなど米の消費拡大に努めています。
畜産事業では、組合員が生産した肉牛・肉豚等を全畜連および食肉卸業者で処理・加工し、量販店等に販売しています。JAでは畜種別に飼養プログラムを作成し、消費者に安全で新鮮な畜産物をお届けするため、組合員のみなさまと共に研究を重ねています。
 
 

購買事業

 購買事業は、生産資材事業と生活資材事業に分類することができます。
 生産資材事業では営農指導事業と連携し、農業生産に必要な生産資材を組合員のみなさまに有利に供給しています。肥料、農薬、園芸資材、飼料、自動車、農業機械などを取り扱っています。
生活購買事業では組合員のみなさまのニーズにお応えできるよう日常生活に必要な商品を取り扱っています。農舎、住宅、電気製品、生鮮食品などを取り扱っています。
平成23年4月にはLPガスや石油などの燃料事業を子会社化、また平成27年5月には購買事業を集約し農業資材の専門店「JAグリーン中央店・勝浦店」と「物流センター」をオープンするとともに農家の庭先へ出向く経済渉外体制を強化しました。肥料や農薬などの資材を直接自宅や圃場まで配送するなどより一層のサービス向上に努めています。
 

加工事業

加工事業は、地域の特産品を加工し、付加価値をつけて販売する事業です。
JA東とくしまでは香酸柑橘類の加工が盛んで、果汁100%のゆこう酢、すだち酢、ゆず酢などの他、味付けぽん酢やすし酢などの製造販売を行っています。JA東とくしまの加工品は地域のみなさまだけでなく県内外の多くの方からも大変好評をいただいており、土産物や贈答品としてもご利用いただいています。
 

利用事業

利用事業とは、個人では設置ができない、または設置が難しい施設をJAが設置し、その施設を効率的かつ経済的に組合員のみなさまに共同でご利用していただく事業です。
JA東とくしまの利用事業には主に以下のものがあります。

 

  1. 育苗センター(那賀川・羽ノ浦)
  2. ライスセンター(羽ノ浦)
  3. 精米施設(各支所)
  4. 祭壇(各支所)
TOPへ戻る